***

誇りある日本を作る日本会議

お知らせ


誇りある日本を作る
日本会議新潟県本部


目次(目次項目をクリックすると、記事に移動します)

憲法改正に向けて…日本会議新潟県本部よりのご案内  

新潟支部総会開催  

第65回全国植樹祭天皇皇后両陛下新潟県行幸啓奉迎事業報告  

天皇皇后両陛下奉迎  

各地で建国記念の日奉祝式典開催  

緊急連絡  

全国縦断キャラバンのご報告  






日本会議新潟県本部よりのご案内  


憲法第9条では、日本の平和と安全は守れない。

現行の日本国憲法は、施工以来70年、1度も改正されていない世界最古の憲法です。
この間、東アジア情勢の劇的変化や大規模自然災害への対応など、時代状況は大きく変わりました。
時代の変化に対応し、平和で安心・安全な未来を築くために、わが国の憲法はいかにあるべきか、ともに考えてまいりましょう。
新潟県本部及び北陸ブロックでは、憲法講演会を連続開催いたします。会員をはじめ多くの県民にお声掛けのうえ、ご参加くださいますよう、ご案内いたします。


第1回憲法講演会  

日時 平成26年10月26日(日) 午後2時〜
会場 ほんぽーと(新潟市中央図書館)多目的ホール
      新潟市中央区明石2-1-10(TEL 025-246-7700)
講師 百地章先生(日本大学教授 憲法学)
参加費 1,000円

第2回憲法改正早期実現のための決起大会  

日時 平成26年10月31日(金) 午後2時〜
会場 富山市民プラザ4Fアンサンブルホール(JR富山駅より徒歩15分)
      富山市大手町6-14(TEL 076-425-2564)
内容 講演会・決議文採択・憲法改正への敬意表明
参加費 無料
主催 日本会議北陸地区ブロック、日本会議地方議員連盟北陸地区ブロック

第3回憲法改正落語会  

日時 平成26年11月2日(日) 午後3時〜
会場 燕市総合文化センター2F中ホール
      燕市水道町1-3-28(TEL 0256-63-7001)
講師 福若師匠(落語界の風雲児)
参加費 1,000円(資料代として…)
希望者による懇親会があります。

ページトップへ







新潟支部総会開催  


平成26年7月27日、新潟会館において、新潟支部の総会が開催された。
事業報告、決算報告、監査結果報告と進み、平成26年度の計画も異議なく了承された。

続いては、待ちに待った講演会だ。
講師は松島悠佐閣下

閣下は、阪神淡路大震災の災害派遣指揮官として卓越した指揮を執ったことで知られる。
元中部方面総監といういかめしい肩書にもかかわらず、温厚で気さくな方である。

演題は、『安全保障からみた憲法改正』

『現憲法の一番の問題点は、緊急事態(外敵の侵入・内乱・災害)についてどう対応するかの規定がない。つまり、緊急事態に対応できないということだ。
緊急事態になれば、当然一時的に個人の権利は制限されることになるが、それが謳ってない。
確かに自衛隊が何をするかは自衛隊法でうたってあるが、国民がどうしなければならないかが謳ってないから、何かあれば自衛隊がやればいいということになり、それが平和ボケの元凶となっている』と、熱く語られた。

そんな憲法を後生大事に守っている日本であるから、同胞が乗っている船が攻撃されたら守って当たり前、日本の船が通るところに機雷が敷設されたら、除去して当たり前、そんな当たり前のことが議論の対象になってしまうのだ。

自国を守れない憲法は、早急に改正しなければ、我が国の未来が危ないと、強く感じた講演であった。


画像の説明
総会の一こま



画像の説明


画像の説明
松島閣下の講演



画像の説明
耳を傾ける参加者

ページトップへ






第65回全国植樹祭天皇皇后両陛下新潟県行幸啓奉迎事業報告  

実行委員会事務局長佐藤日出夫  

1. 国旗「日の丸」小旗配布  

5月31日の長岡駅でのお出迎えから、6月2日の同じく長岡駅でのお見送りまで、全15カ所において21,000本を配布。

2. 奉迎パレード  

5月31日午後5時15分、帝京高校吹奏楽部を先頭に5隊の隊列を組んでアオーレ長岡アリーナをスタート。
『天皇皇后両陛下万歳!』の声が長岡の街にこだまし、沿道においては多くの県民が小旗を打ち振って唱和し、感動的なパレードが展開されました。
参加者は、約2,000名。

3. 提灯奉迎  

パレードの後、午後7時半、阪の上小学校グランドに集結。用意した1,500張の提灯をすべて配布。参加者は、こちらも2,000名。
午後8時半、ホテルニューオータニ長岡最上階の真っ暗な両陛下のお部屋のカーテンが開かれ、点灯消灯が2回繰り返されました。直後、両陛下お手持ちの提灯が大きくゆっくりと横に振られ、2,000名の参加者はそれに合わせて提灯、小旗をゆっくりと大きく振らせていただきました。続いて、奉迎委員会会長、長岡市長より万歳の発生。繰り返し繰り返し、『天皇皇后両陛下万歳!』2,000名の参加者はあらんばかりの声で唱和。
すると陛下はお手持ちの提灯を縦にゆっくりお振りになり、お応え頂きました。
続いて加茂市長、長岡市議会議長より万歳の発声。2,000名の参加者は『天皇皇后両陛下万歳!』を大きな声で繰り返し繰り返し唱和。
その間約5分、君民(天皇と国民)一体のまことにも美しい光景が現出されました。私たちの感激は最高潮に達し、カーテンが閉ざされた後も、万歳の唱和は続き、最後に全員で国歌「君が代」を奉唱し、君民一体の聖なる一夜は余韻を残しながら過ぎて行きました。

そして8時40分、天皇陛下からお言葉を賜りました。

天皇陛下からのお言葉  

『声もよく聞こえました。大勢集まってくれてありがとう』


各位のご協力に心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。


ページトップへ





天皇皇后両陛下奉迎  

第65回全国植樹祭においでいただいた天皇皇后両陛下の新潟県行幸の奉迎が、長岡市を中心に盛大に挙行されました。  

日の丸パレード  

日時 平成26年5月31日 午後4時45分集合 午後5時15分スタート
集合場所 アオーレ長岡(長岡駅大手口徒歩5分)
画像の説明

にこやかな顔が集まりました。  

画像の説明

さあ、出発だ。  

画像の説明

先頭には、吹奏楽団。  

画像の説明

『天皇陛下万歳』『皇后陛下万歳』の声とともに、長く、長く隊列は続く。  

画像の説明

歓迎の笑顔と、喜びの声が長岡を包んだ。  

画像の説明

商店街にも大きな日の丸が…。  

夜は、提灯奉迎  

日時 平成26年5月31日 午後7時30分集合
集合場所 長岡市阪の上小学校グランド(長岡駅東口徒歩5分)
画像の説明

阪の上小学校のグランドを埋め尽くしての、提灯奉迎。  

画像の説明
画像の説明

子供たちも交じって…。  





陛下も窓から提灯をお振りになって、ご答礼くださいました。奉迎終了の10分後、御付きの方から実行委員会事務局に電話があり『大勢集まってくれて有難う。皆様の声もよく聞こえました』との、陛下のお言葉が伝達されました。
一君万民、君民一体の国体を肌で感じた奉迎でした。


ページトップへ







各地で建国記念の日奉祝式典開催。  

皇紀2674年2月11日  

参加者は、全県で3,000名  

○日本会議新潟県本部では、県下30の全市町村で奉祝式典の開催を目指して運動を展開している。
○今年は新潟、佐渡、三条、燕、見附、長岡、小千谷、上越の8市で開催された。
○特に小千谷は、今年が初めての開催であった。

日本会議の市町村支部が事務局を担当して開催した式典は、下記のとおりである。

開催地会場参加者数
新潟新潟県護国神社(迎賓館ときわ)...150名
佐渡真野ふるさと会館...130名
三条三条市中央公民館...350名
燕市吉田産業会館...500名
見附見附中央公民館...230名
長岡アオーレ長岡.1,400名
小千谷小千谷市片貝総合センター.....13名
上越春日謙信交流館...103名



主な参加者

首長鈴木力(燕)、森民夫(長岡)、久住時男(代・見附)
議長熊倉均一(三条)、斎藤廣吉(燕)、丸山勝総(長岡)、風間順一(小千谷)
衆議院議員金子めぐみ、鷲尾英一郎、細田健一、長島忠美、高鳥修一、石崎とおる
参議院議員塚田一郎、中原八一(代)、風間直樹(代)
県議会議員星野伊佐夫、柄沢正三、西川洋吉、佐藤卓之、桜井甚一、高倉栄、渡辺惇夫、青木太一郎、高橋直輝、佐藤久雄、小林林一、梅谷守、宮崎悦男、早川吉秀
市議会議員矢野一夫、他35名
商工会議所会頭斎藤弘文(三条)、田野隆夫(燕)、丸山智(長岡)

それぞれの会場では、記念講演、DVD放映を始め、民謡(小学生)、詩吟、津軽三味線(中学生)、和太鼓(保育園児)、太鼓(少年)、吹奏楽(中学生)、横笛、尺八、琴、フルート演奏などか披露され、厳粛、かつ盛大に行われた。

式典の一こま(新潟会場)
画像の説明


ページトップへ





緊急にご連絡致します。  

事務所が移転します。  



以前より、経費節減のため事務所を移転しようという案がありましたが、平成25年9月末日をもちまして、現在の事務所を引き払いました。
新事務所は、今のところ未定です。


しばらくの間、理事長宅を連絡場所といたします。

住所 940-0868 長岡市堀金3-21-10  

TEL 0256-36-0355 FAX 0258-77-2527  

よろしくお願いいたします。


ページトップへ




全国縦断キャラバンのご報告  

予定通り、キャラバン隊受け入れを行いました。
その内容につきまして、ご報告いたします。

平成25年9月5日(木)  

燕市、弥彦村にて街頭情宣7か所 地元からの参加者5名  

画像の説明街頭情宣をするキャラバン隊と地元参加者
画像の説明弥彦神社前にて

燕市戸隠神社にて県本部役員懇談会 地元からの参加者12名  

平成25年9月6日(金)  

長岡市にて街頭情宣9か所 地元からの参加者14名  

長岡高齢者センターけさじろにて、県民集会 地元からの参加者31名   

参加者のうち、佐渡から1名、糸魚川から2名おいでくださいました。遠路、本当にありがとうございました。

議員
(衆)鷲尾英一郎 金子めぐみ 
(県)桜井甚一 星野伊佐夫(代)
(市)大地正幸 加藤尚人 三井田孝欧
祝電
(衆)石崎徹 斉藤洋明 金子めぐみ
(参)塚田一郎



キャラバン隊  

隊長 大橋岳彦(事務総局)
副隊長 門崎泰輔(明治神宮)
事務局長 坂直純(事務総局)


ページトップへ




powered by Quick Homepage Maker 3.65
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional